出展・受賞記録

RESASアプリコンテンストでファイナリスト

ぐりぐり都道府県は、2019年2月26日に第3回RESASアプリコンテンストでファイナリストに選ばれました。

RESASアプリコンテストとは、「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を活用した地域経済の分析や、 地域の魅力発掘に役に立つアプリケーションを募集するコンテスト。

RESASアプリコンテンスト
RESASアプリコンテンスト目録

このコンテンストのおかげで、予想以上のダウンロード数を獲得できました。ありがとうございました。

App Storeの「今日のAPP」でフィーチャー

ぐりぐり都道府県は、2019年4月15日にAppStoreの「今日のAPP」でフィーチャーされました。

今日のAPP

まさかアプリ開発者の憧れ「Appleのフィーチャー」をしていただける日がくるとは驚きました。おかげさまでこの数日間で7000ダウンロードしてもらえました。ありがとうございました!

App Storeの「ストーリー」でフィーチャー

ぐりぐり都道府県が、2019年7月22日にApp Storeの「ストーリー」でフィーチャーされました。

AppStoreの「ストーリー」は全ての方に表示されるのではなく、興味がある方へのアップルからのお勧めという事のようです。「今日のAPP」ほどではないですがダウンロードも増えました。

東京ゲームショウ2019に出展

「インディーゲームコーナー 選考ブース」は世界中の開発者のオリジナルタイトルを紹介する企画で、世界中から322件の応募があり、選考の結果、22の国と地域からの86タイトルを紹介するそうです。その選考に選ばれましたので出展ブースを無料で使用することができるようになりました、ありがとうございます!

TGS画像

東京ゲームショウ2019

出展ブース

ぐりぐり都道府県 プレスキット

ICON

このページ内の画像や文章は「ぐりぐり都道府県」を紹介していただく目的に限り、コピー・ダウンロード・転載などを許可いたします。ご質問やご相談などございましたら、お気軽に下記の「お問い合わせ」よりご連絡くださいませ。

概要

アプリ名:ぐりぐり都道府県(ぐりぐりとどうふけん)
ジャンル:学習ゲーム
開発元:ミライノ制作所
リリース:2019年1月18日Android版、2019年2月4日iOS版
開発環境:Unity、Adobe Illustrator、Adobe Photoshop他
ゲームLP:ミライノAPP
開発元URL:ミライノサイト
お問い合わせ:ミライノサイト

ゲーム内容

都道府県の場所をゲームで楽しく覚え直すことを重点に制作しました。
このゲームには時間切れも間違いもありません。早く答えるとゲーム内で使用できるコインが多く貰えます。正解するまで次の問題に進まない仕様となっております。
ランダムで5問を回答、もしくは47都道府県を一気に回答する2つの遊び方があります。1つの都道府県がお題として選ばれるので、正しい位置まで移動させることで正解となります。10秒、30秒、50秒で正解の場所を示すヒントが表示されます。

タイトル画面
タイトル画面

タイトル画面では、都道府県ゲーム、しろいくまるーむ、図鑑ノート、オプションが選べます。

メニュー画面
メニュー画面

メニュー画面では、「ふつう」もしくは「ほんき」の2種類の難易度が選べます、ゲームのモードは「ランダム5問」か「一気に47都道府県」の2つのゲームが選べます。

ゲーム画面
ゲーム画面

ゲーム画面では、画面下部のバーチャルパッドを指で少しだけドラッグするような操作で問題の都道府県を正しい位置に移動させて回答します。回答するとコインが貰えますが、早く答えるとより多くのコインが貰えます。

しろいくまるーむ
しろいくまるーむ
SHOP画面
SHOP画面

溜まったコインを使って「ぺんぎん商会」というSHOP画面で家具を購入すると、「しろいくまるーむ」の家具が増えるようになります。何度も正解してコインを貯めて家具を増やす、というサイクルとなります。

図鑑ノート
図鑑ノート

「図鑑ノート」画面では、47都道府県のデータ一覧を見ることができますが、最初は全てのページが空白です。回答する度にその都道府県の情報が追加されるようになっています。勉強してだんだんノートが埋まっていくような感覚です。

タイトルロゴ

Logo

このページの全ての画像は、画像を右クリックして「別名で画像を保存」で保存できます。

ぐりぐり都道府県

ぐりぐり都道府県は楽しく学習するというコンセプトの日本の都道府県の位置を覚える学習ゲームです。

作成の動機は、なにかのクイズ番組を見ていた時と思うのですが、都道府県の問題がでたときに位置を覚えていない事にショックを受けまして・・・大人なのにわからないなんて・・・
それがきっかけとなりまして、都道府県の位置を覚える学習コンテンツを作ってみようと思いまして・・どうせ作るならば覚えることが楽しくなる学習ゲームを作ってみよう、となりました。

タイトル画面
タイトル画面
ゲーム画面
ゲーム画面

十字のヴァーチャルパッドをぐりぐり動かして、お題の都道府県がどこにあるか探してはめて答えます。正解するとゲーム内で使用できるコインがもらえます。ゲームの難易度のレベルは2種類で、ほんきモードでは県境が表示されません。どちらのレベルも時間制限はありません、

しろいくまるーむ
しろいくまるーむ

メインキャラクターの”しろいくま”が、「しろいくまるーむ」でのんびり過ごしているので、たまったコインでインテリアを充実できます。

図鑑ノート
図鑑ノート

ゲームで正解した都道府県の情報が増えていきますので、何度も答えて、行きたいお祭りや、気になる食べもの絵日記を集めて図鑑ノートを完成させる事ができます。

メニュー画面
メニュー画面

一気に47都道府県が出題されるモードも追加しました。順番はばらばらで47都道府県を答える事ができます。だれかと競うと楽しいかも。